生産者の食材で健康な食生活

>

生産者と消費者の関り

生産者の探し方

生産者からの直接買うには色んな手段があります。
ネット通販は大手のサイトから生産者と消費者を繋ぐ架け橋になります。スーパーは生産者の情報を袋・包装に記載される事が多くなりました。直接問い合わせてみる事ができます。最近はQRコードで簡単に情報を読み込む事もできます。食べ歩き番組は沢山あります。タレントさんの食レポからどんな食材か知る事ができ、番組ホームページから買う事ができます。情報が溢れてるので何らかの手段で購入しやすくなってきました。
産直で食材を買うのは近くで買う場所があるのにと言う意見もありますが、遠方であれば情報収集手段から買うのも全国に食材を広めていけます。どんな食材があるか探すのも楽しみの一つでもあります。

将来の期待

生産者から直接数回買うと自然に生産者と消費者の繋がりができます。
こんな食材が欲しい・こんなことをしてほしい・違う食材で扱ってる農家さん・漁師さんの紹介をしてほしいなどです。珍しい食材を広めたいのでPRできる場所を探してるなど、コミュニケーションを取る事で、人と人との繋がりが出来ます。生産者と消費者のお互い求めてる事でより良くしていけます。相乗効果が生まれます。
いつでも新鮮な食材で食べる事に興味を持たない人に色んな角度から見てもらう事ができます。いつもと違う発見で嫌いな食材が好きになる事があります。食育にもなります。
飲食店ではこだわりの食材から独自のブランディングを築けます。日本独自の文化を広めていく可能性もあります。